トップページ下北半島の観光情報 > 歌舞伎の館(福浦)

歌舞伎の館(福浦)

福浦歌舞伎の館いつまでも愛され、守られる伝統芸能


歌舞伎の館

 佐井村の福浦地区では、明治時代に歌舞伎が伝えられ、全国でも珍しい「漁民歌舞伎」として、今もなお地元の方々に愛され続けています。

 福浦の歌舞伎は明治23年に、上方の歌舞伎役者であった中村菊五郎とその妻が福浦に訪れた際、地元の人々に歌舞伎を教えたのが始まりとされています。娯楽や文化に乏しかった当時の福浦の人々にとっては、おおいに歓迎され、それぞれの家に配役や道具方を分担し、代々伝えられてきました。

 昭和59年(1984年)には青森県無形民俗文化財の指定を受け、これまで地元で守り続けてきた伝統芸能が評価されるようになりました。 昭和63年(1988年)には伝承100周年を迎え、これを機に福浦の歌舞伎の魅力を広く発信し、末永く伝承されることを願って「歌舞伎の里」づくりが進められ、建設されたのが「歌舞伎の館」です。

 歌舞伎の館では300人収容の観劇スペースや、映像で歌舞伎を鑑賞できる設備、これまで受け継がれてきた貴重な道具等の展示コーナーなど、福浦の歌舞伎の魅力を余すところ無く知ることができます。

 また地元の方々による歌舞伎の上演や地元食材を使った料理を味わいながらの観劇ツアーなども開催されています。大人から子供にまで親しまれている福浦の歌舞伎は地元の誇りであり、これからも親から子、子から孫へと永遠に受け継がれ、守られていくことでしょう。

福浦歌舞伎開催時期
春の段:4月10日
夏の段:7月中旬
秋の段:9月上旬
冬の段:2月下旬

開館時間 10:00〜15:00
開館日 お問い合わせ下さい

お問い合わせ

電話 0175-38-5826

アクセス

佐井村役場より車で約30分(国道338号)

下北半島の観光情報

モバイルサイトのご案内

シィラインは青森市〜脇野沢〜佐井村を結ぶ定期航路を運航しています。 下北半島へお越しの際は是非高速船ポーラスターをご利用下さい。
シィライン株式会社
〒038-0012 青森市柳川1丁目4番1号
TEL:017-722-4545
FAX:017-722-5243

当サイト内で提供されるすべての情報(画像・文章等)の著作権は、シィライン株式会社に帰属します。 法律で認められた範囲を除き、無断で転載や二次利用はできません。

JR東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社オフィシャルページ